おまとめ専用のローンとおまとめ利用ができるカードローンは違う!

様々なサイトで「おまとめローン」として「カードローン」が紹介されていることがあります。しかし、「おまとめローン」と「おまとめ利用ができるカードローン」は別物であることを理解した上で、おまとめローンを選ぶ必要があるのです。

「おまとめローン」と「おまとめ利用のカードローン」は何が違うの?

「おまとめローン」

「おまとめローン」は、はじめから複数の借り入れがあることを前提として、債務を一本化するために用意されているローンです。

そのため

  • 一本化した場合に返済額が軽減できるように上限金利が低く設定されています。
  • 複数の他社借入があることが前提で審査が行われます。

「おまとめ利用ができるカードローン」

「カードローン」は、利用目的が自由であるため、債務の一本化の目的で利用することも可能です。つまり、カードローンであればおまとめ利用ができるのです。

ただし

  • 一般的にカードローンは下限金利が低く、上限金利が高くなっています。
  • 他社借入件数が多ければ審査に通る可能性は非常に低くなります。

つまり、複数の債務の一本化を目的とするのであれば、「おまとめ利用ができるカードローン」ではなく「おまとめローン」の方が審査も通りやすく、上限金利も低いため返済額の軽減ができる可能性が高いのです。

比較検討する優先順位は「おまとめローン」なのです。

「おまとめローン」だけにあるデメリットってないの?

もちろん、複数の債務を一本化するというのは金融機関にとっても大きなリスクがあることです。さらに上限金利を低く設定することも、リスクを大きくしているのです。

つまり、その分、別のデメリットがあるのです。

おまとめローンは、追加の借り入れができない

カードローンであれば、設定された利用限度額に対して、枠が余っていればいつでも借り入れが可能です。しかし、おまとめローンは一部のものを除いて、基本的には返済専用のローンです。利用中に追加の借り入れはできないのです。

返済方法は、口座引き落としのみ

返済方法もリスクが一番少ない銀行口座からの引き落としのみというおまとめローンが多いです。ATMやネットバンキング、口座振り込みなどの返済は対応しておらず、返済日も毎月特定の1日が設定されていて、それ以外の日は選べないものが多いです。