おまとめローン比較

おまとめローンとは

おまとめ

おまとめローンとは、カードローンやキャッシングなどの複数の借り入れを1社にまとめることを目的としたローンのことを言います。

おまとめローンの仕組み

複数の借り入れを完済するための費用をおまとめローンを提供している金融機関から借入れます。その資金で他のカードローンやキャッシングの借り入れを完済することで、残るのは完済のために借入したおまとめローンを提供している金融機関からの借り入れになります。

これで債務が複数の業者から1社にまとめられたことになります。

おまとめローンのメリット

返済日などが1日にまとめられる

複数の業者から借り入れがあると、返済日が1ヶ月のあいだに何度もある形になり、落ち着いて返済をすることもできません。おまとめローンでおまとめを実行すると返済日は月一回で済むので、計画的に余裕を持った返済が可能になります。

毎月の返済額が削減できる可能性がある

おまとめローンの金利は、消費者金融カードローンと比較して、金利が低く設定されています。そのため、おまとめを行うことで、借入額が変わらなくても、毎月の返済額が削減できる可能性があるのです。

毎月の返済額削減シミュレーション

他社借入残高 200万円 金利18.0% 3年(36回)での返済の場合

  • 毎月の返済額 72,305円

おまとめローンによって、金利13.0%におまとめすると

  • 毎月の返済額 67,388円

 → 毎月の返済額が4,917円削減

 → 総返済額は177,012円削減

上記のように毎月の返済負担は約5,000円、総返済額は約17万円も削減できるのです。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンは、基本的には「返済のみ」のローン

カードローンの場合は、利用限度額が設定されて、その金額に余裕があれば、何度でも借入が可能なのが特徴のローンです。

一方、おまとめローンは、おまとめしたら、基本的には返済のみをするローンです。途中で追加の借り入れなどはできません。

しかし、東京スター銀行おまとめローンなど、一部のローンでは、おまとめ目的での借入れ額とは別に利用限度額が設定されるため、その利用限度額に余裕があればおまとめローンの利用途中でも追加の借り入れが可能になります。

おまとめローンは、カードローンでも代用可能

ローンのおまとめは、おまとめ専用のローンである「おまとめローン」を利用する方がおすすめですが、一般的なカードローンでも、同じようにおまとめ利用は可能です。

どういうことかというと「ローンのおまとめ」は複数の債務を完済するための資金を1社から借り入れをして完済することで実現できます。そのため、おまとめ専用のローンでなくても、審査に通って、借入中の複数のローンを完済できる資金を借りられれば「おまとめ」が可能なのです。

ただし、おまとめ専用のローンでないと、完済のための資金を全額借りられずに結局債務が一部残ってしまっておまとめにならなかったり、審査は通ったが設定された金利が高くて返済額の削減にならないケースもあるため、まずはおまとめ専用のローンを利用することが良いのです。

おまとめローン人気ランキング

2017年2月最新

おまとめローン金利比較

人気ランキングおまとめローン名金融機関名下限金利(年率)上限金利(年率)保証料最大限度額
1位東京スター銀行おまとめローン(スターワンバンクローン)東京スター銀行5.80%14.80%保証料年率1.2%相当。左記金利に含む1000万円
2位セゾンファンデックスおまとめローンセゾンファンデックス6.80%15.00%不要500万円
3位中央リテールおまとめローン中央リテール10.95%13.00%不要500万円

おまとめローン人気ランキング詳細はこちら

おまとめ資金利用可能なカードローン比較

人気ランキングカードローン名金融機関名カードローン種類下限実質年率上限実質年率最大限度額最低返済額詳細
2位みずほ銀行カードローンみずほ銀行大手都市銀行4.0%14.0%1,000万円50万円借入時1万円詳細
3位三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック三菱東京UFJ銀行大手都市銀行4.6%14.6%500万円10万円借入時2,000円詳細
6位楽天銀行スーパーローン楽天銀行ネット銀行4.9%14.5%500万円10万円借入時3,000円詳細
7位りそな銀行カードローンりそな銀行都市銀行3.5%(変動金利)12.475%(変動金利)800万円50万円借入時10,000円詳細

おまとめ利用可能なカードローン人気ランキング詳細はこちら

 

おすすめのおまとめローン

 

東京スター銀行
東京スター銀行 おまとめローン

  • 上限金利が低金利
  • 最大1000万円のおまとめ
  • 返済額削減が可能