不動産担保ローン比較

不動産担保ローンを選ぶ前に知っておくべきこと

不動産担保ローンアイコン

不動産担保ローンは、不動産の担保評価で借入可能額が決まる

不動産担保ローンは、不動産を担保にお金を借りるローンです。そのため、不動産の担保評価額に応じて借り入れが可能な金額というのが変わってきます。一般的に借り入れが可能な額は、不動産の担保評価額の6割~8割と言われています。しかし、不動産担保ローンの中には100%を超える金額を借りることができるものもあるため、担保評価額と借入希望額に応じて適切な不動産担保ローンを選ぶ必要があります。

資金使途が自由なものと事業性資金のみのものがある

不動産担保ローンでは、不動産を担保に経営資金、事業資金として使うローンと、資金の使途は自由に設定され、相続や生活費など何に利用しても良いものがあります。事業性資金に利用できる不動産担保ローンの場合、融資可能な最大額が大きいケースがありますが、金利は使途自由のローンに比べて高くなっている場合が多いです。

カードローンなどよりは審査が通りやすい!?

不動産担保ローンは、無担保のローンであるカードローンやおまとめローン、フリーローンよりは審査が通りやすいローンです。担保があることが有利な理由なので、不動産の担保評価が著しく低かった場合は審査は通りにくくなってしまいます。

事務手数料や返済解約金が発生する

不動産担保ローンを利用する際には、事務手数料が発生するのが一般ですが、この事務手数料は実際に審査の内容や不動産担保評価、借入希望額によって変動します。そのためにウェブサイトにも、事務手数料がいくらなのか?などは記載しれていないケースの方が多いのです。手数料が無料の不動産担保ローンもあるので、まずは申し込みをして条件を複数の会社で聞いてみることも重要なのです。

不動産担保ローンを比較するポイント

まずは条件にあっているのかが重要

  • 資金使途は自由なのか、事業資金なのか?
  • 借入希望額の借入は可能なのか?
  • 不動産担保ローンの提供地域は担当エリアかどうか?
  • いつまでに資金が必要なのか?

など金利も重要なのですが、その前に条件にあった借り入れができなければいくら低金利でも意味がありません。

条件があってものの中で低金利の不動産担保ローンを選ぶ

条件にあった不動産担保ローンであることを確認してから、低金利で借入期間が長くなる不動産担保ローンを選びましょう。

資金が必要なタイミングまでに猶予があれば複数社に申し込む

不動産担保評価の仕方と借入可能額、設定される金利は不動産担保ローンを提供している金融機関によって大きく異なります。複数社に申し込んで、実際に必要な金利、借入額、毎月の返済額、事務手数料を明確にしてから比較すると確実にお得な不動産担保ローンが判断できます。

不動産担保ローン人気ランキング

2017年7月最新

不動産担保ローン金利比較

人気ランキング金融機関名実質金利
(年率)下限
実質金利
(年率)上限
最大借入額最長借入期間審査時間資金用途保証人詳細
1位総合マネージメントサービス3.40%9.80%5億円35年最短当日自由原則不要詳細
2位日宝4.00%9.90%5億円30年-自由原則不要詳細
3位DTS Investment3.40%15.00%20奥円35年最短翌日自由原則不要詳細
4位日電社7.30%14.60%1億円20年-自由原則不要詳細
5位エムアールエフ7.00%15.00%5億円20年数日程度事業性資金原則不要詳細

不動産担保ローン人気ランキング詳細はこちら

おすすめの不動産担保ローン

 

日宝
日宝 不動産担保ローン

  • 33年の歴史がある
  • 上限金利が一桁台の低金利
  • 最短即日融資が可能