教育ローン比較

教育ローンを選ぶ前に知っておくべきこと

教育アイコン

まず検討すべきは国の教育ローン

国が提供している日本政策金融公庫の教育ローンがまずは検討すべき教育ローンと言えます。15年以内で300万円までなら、金利2.55%ほどで借り入れをすることが可能です。ただし、国の教育ローンの場合は、審査が厳しいこと、年収上限があること、融資までに時間がかかること、などデメリットもあるので、一般の教育ローンも同列に比較すべきなのです。

国の教育ローンは連帯保証人が必要。用意できないと保証料がかかる

国の教育ローンは低金利である一方、連帯保証人を用意する必要があります。連帯保証人が用意できない場合は、最大約42万円ほどの保証料が必要になり、全体の総返済額がかなり増大してしまうことに注意が必要です。

借りる前にもう一度本当のその金額が教育資金として必要か見直す

教育ローンを検討する際には、「実際に必要な教育の費用なのか?」「いくら必要なのか?」「家計の状況から返済可能な額なのか?」をシビアに考える必要があります。実際は、自宅から通える距離なのにひとり暮らしをしたいと言って、借りなければならない費用が増えたり、住宅ローンもあるのに返済が困難になる金額を借りてしまったり、する家庭も多いのです。住宅ローンもあわせて利用している家庭が多いからこそ、本当に必要な資金はいくらなのか?節約で対応できないのか?などシビアに返済計画を見直す必要があります。

教育ローンを比較するポイント

金利の低さが一番重要

教育ローンは、金利の低さと諸費用の有無が重要なポイントです。金利と諸費用が安ければ、それだけ返済負担が軽減できるからです。ただし、注意しなければならないのは「保証料が込み」なのか「保証料が別途」必要なのかで、見た目の金利ではない費用が発生してしまうことも多い点です。

審査のハードルが高い教育ローン。ダメならカードローンも検討

実際は、教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンとは違い「担保」がありません。担保がないということは、返済が困難になった場合に金融機関が貸したお金を回収できなくなり、損失が出るということなのです。そのため、自動車ローンや住宅ローンに比べて教育ローンは審査が厳しく審査に落ちる方も多くいるのです。

審査に落ちた場合には、審査のハードルが低く、資金の用途が自由で教育資金に利用しても問題がないカードローンの利用を検討する必要もあります。実際に教育資金のために、審査が通りやすく資金使途が自由なカードローンを利用する方も増えているのです。

教育ローン人気ランキング

2017年3月最新

教育ローン金利比較

人気ランキング金融機関名教育ローン名実質金利
(年率)
最大借入額諸費用詳細
1位日本政策金融公庫教育一般貸付(国の教育ローン)2.050%300万円最大427,194円の保証料
※連帯保証人を用意する場合は0円
詳細
2位常陽銀行常陽教育ローン(学資ローン)2.475%3,000万円保証料は0円詳細

新車 教育ローン人気ランキング詳細はこちら

教育資金利用可能なカードローン比較

人気ランキングカードローン名金融機関名カードローン種類下限実質年率上限実質年率最大限度額最低返済額詳細
2位みずほ銀行カードローンみずほ銀行大手都市銀行4.0%14.0%1,000万円50万円借入時1万円詳細
3位三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック三菱東京UFJ銀行大手都市銀行4.6%14.6%500万円10万円借入時2,000円詳細
5位新生銀行カードローン レイク新生銀行ネット銀行4.5%18.0%500万円10万円借入時3,000円詳細
6位楽天銀行スーパーローン楽天銀行ネット銀行4.9%14.5%500万円10万円借入時3,000円詳細
7位りそな銀行カードローンりそな銀行都市銀行3.5%(変動金利)12.475%(変動金利)800万円50万円借入時10,000円詳細

教育資金利用可能なカードローン人気ランキング詳細はこちら

おすすめの教育ローン

 

常陽銀行
常陽銀行 教育ローン

  • ウェブから簡単申込み
  • 最短即日で審査が可能
  • 保証料が0円で低金利