ビジネスローン比較のポイント

ビジネスローンを比較検討する際にチェックすべきポイントについて解説します。 

ビジネスローンで重要なのは、希望額が借りられるのか?どうか?

そもそも、ビジネスローンは短期的な資金調達方法です。短期間であれば、金利が数%違ったとしても、返済額に大きなインパクトはありません。

それ以上に、事業資金、仕入れの資金などビジネスローンで資金繰りに必要な金額が借入ができるのか?どうか?

これが大きなビジネスローン選びのポイントになります。少額でも複数のビジネスローンを利用すれば、必要な金額に達する可能性もありますが、複数のビジネスローンの審査に通るかどうかは不透明であり、借入件数が増えれば増えるほど、審査の評価は大幅にマイナスになるため、できれば1つのビジネスローンで必要額を借り入れしたいところなのです。

不動産の担保があれば、借入額も大幅に増やせる

ビジネスローンは基本的には、無担保のローンですが、不動産担保がある場合、大幅に借入額を増やして金利も下げられる可能性があります。

第一抵当でなくても、問題なく利用できる不動産担保ローンがあるため、不動産担保がある場合は不動産担保ありの場合の事業融資をしているビジネスローンを選ぶ必要があります。

赤字や税金滞納でもあきらめる必要はない

ビジネスローンは原則、赤字や税金滞納をしていると審査が通らないケースが多いのですが、赤字や税金滞納の理由や今後の事業の将来性によっては、審査が通る可能性があります。

事業計画などを重視して審査をしてくれるビジネスローンに申し込みましょう。

創業資金、開業資金は、対応できるビジネスローンで

創業資金や開業資金を借り入れする場合は、ビジネスローン審査で重視される業歴が0ということになります。この場合は、ビジネスローンの中でも、「創業資金利用可能」と記載されているものがあるため、創業資金への貸し付けを前提にしているビジネスローンを選びましょう。

借りれるか?が重要。複数の申し込みも検討

ビジネスローンは、金利うんぬんよりも、借りられるのか?借りられないのか?の方が重要になってきます。個人のカードローンなどよりも、より審査基準は金融機関ごとに違うのがビジネスローンです。もっと言えば、担当者によっても審査結果は変わってきます。事業の将来性を審査するのが難しいためです。

つまり、1社でビジネスローンの審査に通らなくても、まったくあきらめる必要はないということです。ただし、半年の間に3社以上に申し込むと申し込みブラックになってしまうため、半年間の申込目安は3社までと考えましょう。

[`evernote` not found]