ビジネスローン比較

ビジネスローンを選ぶ前に知っておくべきこと

ビジネスローンアイコン

ビジネスローンは、個人事業主や経営者のための事業性資金用ローン

ビジネスローンは、個人事業主の方や中小企業の経営者の方が利用する事業性資金のためのローンです。もちろん、事業性の資金以外への利用はできません。

ビジネスローンは、赤字でも、開業直後でも利用できる

  • ビジネスローンは、赤字決算だと審査が通らない
  • ビジネスローンは、事業歴が少ないと審査が通らない
  • ビジネスローンは、税金を支払っていないと審査が通らない

と勘違いしている方も多いようですが、上記のようなケースの場合審査の評価はマイナスにはなるのですが、利用できないわけではないのです。

ビジネスローンは、第三者の保証人が不要

ビジネスローンを利用する場合、保証人を用意する必要がありません。法人の場合は、経営者本人の連帯保証が必要になりますが、第三者の保証人は必要ないのです。

ビジネスローンは、担保も不要

ビジネスローンは担保も原則必要ありません。ただし、不動産担保をつけると融資額が跳ね上がるため、不動産の担保が用意できて、高額の融資が必要な場合は不動産担保ローンでの事業性資金の借り入れがおすすめです。

ビジネスローンの審査はどうなっている?

ビジネスローンで審査されるポイントは

  • 業歴の長さ
  • 税金の滞納、未払いがないかどうか
  • 債務超過に陥っていないか?
  • 利益が出ているか?
  • 事業計画の内容・将来性・確実性

等です。

これが審査のすべてではなく、個人向けのカードローンよりも、ビジネスローンは提供する会社によってによって審査の方法はかなり差がでてきます。中でも経営の確実性が重視されており、業歴が長ければ経営も安定していると判断されるケースが多いようです。

創業資金、開業直後での借り入れを希望している場合は、創業資金の借り入れが可能なビジネスローンを選びましょう。

ビジネスローンを比較するポイント

必要な借入れ額が融資可能なビジネスローンかチェック

事業性資金の場合、事業のつなぎ資金であったり、設備投資の資金であったり、商品の仕入れ資金であったり、「いくら借りる必要があるのか?」が明確なケースが多いのです。そもそも、この必要額に届かないビジネスローンを選んでも意味がないのです。

創業時、開業直後の資金需要の場合は対応可能なビジネスローンを選ぶ

ビジネスローンの審査で重要視されるのは「業歴の長さ」。つまり、開業直後や創業していない状態でのビジネスローンの審査はかなりハードルが高いのです。しかし、開業資金、創業資金、開業直後の資金需要でもOKとしているビジネスローンもいくつかあるため、創業時、開業直後の資金需要の場合は対応可能なビジネスローンを選ぶ方が良いのです。

ビジネスローンは金利よりも、審査?

もちろん、金利は低金利であることが理想なのですが、個人向けのカードローンとは違い利用できるビジネスローンは数が少ないのです。そのため、金利重視で選ぶよりは、借りられるビジネスローンを選ぶというのが前提になってきます。審査が通るまでは複数のビジネスローンに申し込むことが必要になるでしょう。

ビジネスローン人気ランキング

2017年5月最新

ビジネスローン金利比較

人気ランキング金融機関名個人事業主経営者実質金利
(年率)下限
実質金利
(年率)上限
最大借入額最長借入期間最短即日融資創業資金詳細
1位オリックス・クレジット6.00%17.80%500万円10年2ヶ月詳細
2位ビジネクスト8.00%18.00%1000万円5年-詳細
3位シンキ13.00%18.00%300万円6年9ヶ月-詳細
4位日本保証9.80%18.00%500万円5年-詳細
5位三鷹産業9.85%18.00%1000万円3年-詳細

ビジネスローン人気ランキング詳細はこちら

 

おすすめのビジネスローン

 

オリックスVIPローンカード BUSINESSオリックスVIPローンカード BUSINESS

  • 安心のオリックスグループのビジネスローン
  • 最短即日融資が可能なスピード
  • 100万円コースで上限金利は14.9%