自動車ローン比較

自動車ローンを選ぶ前に知っておくべきこと

自動車アイコン

ディーラーローンは金利が高い

ディーラーローンとは、文字通りディーラー(自動車販売店)が提携している自動車ローンを利用することをいいます。新車を購入するた場合、そのディーラーから勧められる可能性が高いのがこのディーラーローンです。ディーラーローンは提携している自動車ローンのため、よほどのことがない限りほとんど審査は通りますが、その分金利が高く5%~10%という金利が設定されていることが多いのです。

新車を購入したディーラーで、面倒なためそのままディーラーローンを利用してしまう方が多いのですが、金利が高いため、返済額が増加してしまうデメリットがあるので、注意が必要です。

頭金は20%~30%は用意する

自動車ローンは、審査さえ通れば、頭金がゼロでも新車が購入できる便利なローンです。しかし、頭金が少なければ少ないほど、返済額が増加してしまうため、最低でもローン借入れ額の2割は自己資金で用意するように心がけましょう。

借入期間は3年以内を目処に設定する

自動車ローンの場合、新車であれば最長7年ほどの借入期間を設定することが可能です。ただし、一般的に3年以内に完済できるような資金計画で自動車ローンを利用しましょう。というのも、年数が長くなれば長くなるほど、利息が膨らんでしまうことと、自動車は3年、4年でも買い替える人も多いので、あまり長く借入期間を設定するメリットがないのです。仮に7年に設定しないと毎月の返済額が払えないというのであれば、それは収入に見合わない高い自動車の購入になっているということなのです。

自動車ローンを比較するポイント

金利の低さが一番重要

自動車ローンの場合は、金利の低さが唯一の比較検討ポイントといっても過言ではありません。金利が低ければ、低いほど総返済額が低くなるからです。一般的にディーラーローンは一番金利が高く、その次に銀行の自動車ローンが来て、一番金利が低いのは信販会社(クレジット会社)の自動車ローンになっているケースが多いです。まずは、金利が低い信販会社(クレジット会社)の自動車ローンを検討すると良いでしょう。

借入額は前年度年収によって変わってくる

自動車ローンで借りられる金額というのは、前年度の年収によって変わってくるケースがあります。前年度年収が低いと借りられる金額が少なくなってしまうこともあり、新車の価格に届かないこともあります。その場合は、他の自動車ローンに申し込むなど、複数の自動車ローンへの申し込みも検討する必要があるのです。

自動車ローン人気ランキング

2017年4月最新

新車 自動車ローン比較

人気ランキング金融機関名自動車ローン名自動車種類バイク実質金利
(年率)下限
実質金利
(年率)上限
最大借入額最長借入期間詳細
1位損保ジャパン・クレジットマイカーローン新車バイク可2.30%3.40%600万円7年詳細
2位常陽銀行常陽マイカーローン新車バイク可2.70%2.70%500万円7年詳細

新車 自動車ローン人気ランキング詳細はこちら

中古車 自動車ローン比較

人気ランキング金融機関名自動車ローン名自動車種類バイク実質金利
(年率)下限
実質金利
(年率)上限
最大借入額最長借入期間詳細
1位損保ジャパン・クレジットマイカーローン中古車バイク可2.30%3.50%600万円5年詳細
2位常陽銀行常陽マイカーローン中古車バイク可2.70%2.70%500万円7年詳細

中古車 自動車ローン人気ランキング詳細はこちら

おすすめの自動車ローン