教育ローンの審査

教育ローンの審査はどうなっているのでしょうか。実は審査のハードルが非常に高い教育ローンの審査について解説します。

教育ローンは無担保ローンのため、審査のハードルは高い

教育ローンは、カードローンと同じように無担保のローンであるため、審査のハードルは決して低くありません。これは国の教育ローンであっても同様です。

教育ローンの審査項目と審査通過の基準

勤続年数

勤務先の勤続年数の長さが教育ローンの審査では重要になってきます。目安としては3年以上の勤続年数があると良いでしょう。最低でも半年以上の勤続年数が必要です。

職業

安定した職業かどうかも重要視されます。年収が高い医師や弁護士、安定している公務員などの評価が高く、契約社員、自営業など不安定な職業だと審査通過が難しくなります。

収入

教育ローンの場合、収入が多くなければ、子供もいる世帯であることが前提のため、どうしても返済に回せる金額というのが少なくなってしまいます。年収300万円以上は必要と考えられます。

ローンの借り入れ状況

住宅ローンの利用、カードローンの利用、クレジットカードの利用など、ローン、クレジットサービスの利用状況も教育ローン審査では重要になります。住宅ローン以上にカードローンやクレジットカードのキャッシングサービスなど無担保ローンの借り入れが多い場合は教育ローンの審査に通るのは難しくなってしまいます。

ローンの滞納

過去のカードローン、クレジットカード、公共料金、携帯料金などの滞納の有無が教育ローンの審査でもチェックされます。過去に滞納が複数回あると審査通過は厳しくなってしまいます。

教育ローンの審査はまず申し込んでみること

教育ローンの審査基準に関しては聞いても教えてくれません。つまり、まずは申し込んでみるしかないのです。上記のような項目が教育ローン審査で重視することを把握したうえで、申込んでみましょう。