フリーローンはおまとめローンとしての利用が多い

フリーローンというのは近年、積極的に提供する金融機関が少なくなっています。ただ、いくつかあるフリーローンはおまとめローンとして利用されるケースが多いのです。

フリーローンの存在感がなくなった?

もともとフリーローンというのは、使途自由のローンとして、カードローンよりも先にあったのですが、同じカードローンの方が世間的には知名度が上がってしまっているからです。

使途自由という点は、フリーローンもカードローンも同じなのですが、フリーローンは一回借りたら後は返済するだけのローンです。カードローンの場合は利用限度額が設定されて、この限度額内に余裕があれば何度でも借り入れができることが違うのです。

このメリットがあるため、フリーローンよりもカードローンの方が便利と利用する方が増え、さらにカードローンの方が金利が高く貸し付けできるので金融機関も積極的にカードローンを宣伝するようになったのです。

そのため、フリーローンの存在意義というのは非常に薄れていっているのです。

それでも、フリーローンが利用されるケースというのがあります。

それは「債務の一本化」「おまとめ」目的での利用です。

フリーローンの金利は、カードローンよりも低金利であり、使途が自由なのでおまとめ利用も可能なのです。フリーローンを借りて複数のカードローンを完済してしまえば、毎月の返済額も安くできるため、おまとめローンとしての利用が増えてきているのです。

「それなら、おまとめローンでいいじゃん」と思いがちですが、おまとめローンを提供している金融機関というのは非常に少なく、審査も通りにくいのです。おまとめローンの審査に通らなかった方はフリーローンを検討してみるのもおすすめです。

[`evernote` not found]