フリーローンとカードローンは違う

フリーローンと言って、カードローンを紹介しているウェブサイトなどが多くありますが、実際にはフリーローンとカードローンというのは別物です。ではフリーローンとカードローンでは何が違うのでしょうか。

フリーローンは追加の借り入れができない

カードローンは、契約するときに設定された限度額内であればローンカードを利用してコンビニATMで自由に借り入れ、返済ができるローンのことを言います。これがカードローンが人気のある理由ともいえるのです。

しかし、フリーローンというのは、契約時にどーんとまとまった金額を借り入れして、後は返済するのみというのがフリーローンです。

ローンカードなどもなく、途中で追加の借り入れができるわけではありません。そのため、日常の生活費に使うというよりは、結婚資金や大きな買い物、学費などでまとまった資金が必要な時に利用するものなのです。

フリーローンは金利が低い

フリーローンは上記に書いたとおりに、一度借りたら後は返済するだけという特徴があります。金融機関にとってみれば、これは何度も借り入れが可能なカードローンと比較して貸し倒れリスクが低いことになります。

貸し倒れリスクが低いということは、金利を低く設定できるということです。そのため、カードローンよりもフリーローンの方が低金利に設定されているのが一般的なのです。

だからこそ、おまとめ目的の利用などが多いのです。

フリーローンは変動金利のものもある

カードローンは借入時の金利がずーっと続く固定金利を採用していますが、フリーローンの場合は変動金利を採用しているケースがあります。変動金利というのは、景気の状況に応じて金利が変動することを意味しています。

今は不景気なので、フリーローンの金利が低金利に見えても、好景気になれば金利が上がってしまうリスクもあるということなのです。

まとめ

カードローンとフリーローンは同じ使途自由のローンという認識で比較してしまうと、後々思っていたサービスと違ったということになりかねないため、違いを正確に把握して比較検討しましょう。