カードローン金利比較のコツ

カードローンの金利を比較するコツはどこにあるのでしょうか。ここではカードローン金利比較のポイントを紹介します。

1.カードローンの金利は上限金利で比較する

カードローンの金利は、下限金利と上限金利というものがあり、「4.5%~18.0%」という形で表記されています。しかし、この下限の金利、この場合であれば「4.5%」というのは借入限度額の最高額500万円~1000万円の金額を借りた場合にしか適用されないのです。

ほとんどの方は50万円以下の金額しか借りないため、適用されるのは上限金利の「18.0%」になってしまうのです。つまり、下限金利というのはあまり参考にならない金利ということになります。

しかし、CMやウェブサイトでは、見た目が低金利であるこの下限金利ばかり大きく取り上げられてしまうため、勘違いして本当は金利の高いカードローンを選んでしまうのです。カードローンの金利は上限金利で比較するというのが大きなポイントなのです。

2.カードローンの金利は希望借入額で比較する

カードローンの金利は消費者金融の場合は、0円~500万円まで「4.5%~18.0%」というようにざっくりと決まっていて審査と借入額によってどの金利が適用されるのかが決まるのですが、銀行カードローンの場合は、借入額が100万円の場合は「12.0%」、借入額200万円の場合は「8.0%」というように借入額に応じて細かく設定されているのです。

つまり、全体の金利幅で金利を比較しても意味がないのです。審査が通ることを前提として、希望借入額で金利を比較するのが大きなポイントと言えるでしょう。

3、30日以内の借り入れなら、金利0%で借りる

借入期間が30日以内の短期であれば、金利0%の無利息サービスを提供しているカードローンというのがあります。無利息サービスというのは、文字通り一定期間無利息「金利0%」で借りられるサービスです。

無利息サービスは、「はじめての方限定」「30日間」といういった条件があるため、事前に確認してから申込みましょう。