火災保険比較

火災保険を選ぶ前に知っておくべきこと

kasaihoken火災保険は保険会社によって保険料は1.5倍も違う

火災保険の保険料は、保険会社によって大きな差が生まれてくるものです。実際、同条件で8社に見積もりを取ってみると、一番安い火災保険と一番高い火災保険で約1.5倍もの差があるのです。

つまり、火災保険を探すときには、複数の保険会社の見積もりを入手して比較検討しなければ大きな損をしてしまう可能性があるということです。

火災保険は何十年と必要なものなので、保険料の数百円の差が大きな差になる

自宅であっても、賃貸物件であっても、不動産投資であっても、火災保険は住んでいる限りは必要になるものです。

数十年と加入し続けるものなのです。例えば、年間の保険料が3000円が違っただけでも、30年経過すれば、その価格差は9万円もの差になってしまいます。

加入したらなかなか見直さないものだからこそ、加入時に少しでも保険料の安い火災保険を見つける必要があるのです。

火災保険を比較するポイント

保険料の安さが最大の重要事項

火災保険の補償内容は、保険会社によって大きな差はありません。あるのは特約の違いぐらいで、基本的な補償内容、保険金が支払われる条件には違いがないのです。

つまり、火災保険比較では補償よりも、保険料の安さの方が重要度は圧倒的に高いということなのです。

火災保険は一括見積もりサイトを利用するのがおすすめ

上記で解説した通りで、火災保険は選ぶ保険会社によって保険料が1.5倍も違うことになります。

火災保険を扱う主要な保険会社は10社程度ですが、それでも個別で見積もりを取っていたらそれなりの時間と手間がかかってしまいます。

そこで利用されるサービスに火災保険の一括見積サイトというものがあるのです。大手の保険会社10社ほどに一度の入力で同条件で見積もり依頼ができるサービスです。つまり、一番簡単に一番安い火災保険を見つける方法なのです。

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

「価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

「学んで相談火災保険」

kakakucom01

  • 火災保険知識シミュレーターで火災保険診断が可能
  • 火災保険大手7社を項目別に比較できる
  • 補償内容、特約、割引サービス、契約者サービスで比較可能

「学んで相談火災保険」の無料見積もりはこちら

2017年3月最新

おすすめの火災保険一括見積

 


「価格.com 保険」火災保険一括見積

  • 最大12社の保険を一括見積
  • 年間見積件数10万件
  • 最短当日~3営業日