仕組み預金比較

仕組み預金とは

仕組み預金グラフアイコン仕組み預金とは、銀行に有利な条件を付けるかわりに一般的な低金利よりも高い金利(利息)が得られる定期預金のこと。原則、中途解約ができない。中途解約をすると元本割れのリスクもある。また、通常の定期預金と違って利息は預金保険の対象にならない。満期の期間延長の選択権は銀行側にある。

仕組み預金のメリットデメリット

仕組み預金のメリット

  • 通常の定期預金よりも金利(利息)が高い
  • 満期であれば元本が保証されている
  • 元本は預金保険の対象

仕組み預金のデメリット

  • 外貨預金に比べると金利(利息)が低い
  • 途中解約すると元本割れする可能性がある
  • 満期の期間延長は銀行側が判断する
  • 利息は預金保険の対象外

仕組み預金比較のポイント

仕組み預金は、当初預入期間金利と最長預入期間金利に注目

仕組み預金の比較検討するときに重要なポイントは「金利(利息)」であることは定期預金と同じくなのですが、当初預入期間の金利と最長預入期間の金利に注目する必要があります。

当初預入期間の金利が高く、最長預入期間の金利が低い仕組み預金の場合は、ある程度確実に金利の高い利息を受け取ることができますが、逆に当初預入期間の金利が低く、最長預入期間の金利が高い仕組み預金の場合は、銀行側が満期の延長をしない場合があるので、低金利の期間分しか利息が得られないことがあるのです。

確実性を得るなら、当初預入期間の金利が高い仕組み預金を、最終的な受け取り利息を大きくするためには、最大預入期間の金利が高い仕組み預金を選びましょう。

仕組み預金選びの注意点

中途解約ができないことに注意!

仕組み預金は、中途解約ができない定期預金です。厳密にいえば、中途解約をすることができるのですが、その場合は、元本割れをするリスクがあるのです。満期まで待てば確実に元本は保証されるのですが、途中解約ができないため、当初預入期間の長い仕組み預金の方が金利が高いことが多いのですが、中途解約できない期間も長くなるので注意が必要なのです。

仕組み預金人気ランキング

2017年7月最新

仕組み預金 金利比較

人気ランキング銀行名商品名最低預入金額
(万円)
当初預入期間
(年)
当初預入金利
金利(%)
最長預入期間最長預入金利
金利(%)
詳細
1位住信SBIネット銀行プレーオフ フラット型10万円1年0.15%10年0.15%詳細
2位住信SBIネット銀行プレーオフ ステップアップ型10万円1年0.05%10年0.50%詳細
3位楽天銀行楽天エクステ預金(フラット)10万円1年0.08%10年0.08%詳細
4位新生銀行パワーステップアップ預金230万円3年0.10%10年0.12%詳細
5位楽天銀行楽天エクステ預金(ステップアップ)10万円1年0.01%10年0.10%詳細

人気ランキング詳細はこちら

 

おすすめの仕組み預金

 

新生銀行
新生銀行 仕組み預金

  • 複数の仕組み預金プランを用意
  • 満期までで元本保証
  • 高金利の仕組み預金