法人カードの審査

法人カードを申し込んだ場合、どういう項目で審査がお壊れているのでしょうか。ここでは法人カード審査の審査項目を解説します。

一番重要視されるのは業歴

企業であれば設立からの経営年数、個人事業主であれば事業を継続している業歴が法人カードの審査では重要視されます。クレジットカードの審査時に「勤続年数」が重視されるのと同様ですが、クレジットカード審査時の勤続年数よりも、法人カードの業歴は重要視されていると言っていいでしょう。

業歴がながければ長いほど、安定した経営を続けている証であって、収益の変動が少ないと考えれるのです。

仮に、業歴が短いと利益が出ていても、すぐにマイナスになってしまう可能性があると思われてしまうのです。

利益や資産状況

企業の収益性や財務状況を審査される法人カードもあります。特に年会費無料の法人カードに多いのですが、必要書類に2期分の決算書というところも少なくないのです。

決算書を見るということは、売り上げ、利益、仕入れ、資産、負債、利益の推移、売り上げの推移、というのは審査されると考えてよいでしょう。

他社からの借り入れ

個人でクレジットカードを申し込むときも、信用情報機関の個人信用情報というものをクレジットカード会社は照会して、他社の借り入れがあるかないか、返済遅延や返済位事故などがあるかないかを審査します。同様に法人の信用情報も、信用情報機関によって共有されているため、審査時にはチェックされるのです。

収益や資産に対して借り入れが多ければ、法人カードの審査も厳しくなってしまいます。

赤字、税金未納

事業年度での赤字や税金の未納などがある場合は、法人カードの審査が通る可能性は非常に低くなってしまいます。キャッシング利用された場合の貸し倒れリスクが高まってしまうからです。

法人カードの利用歴

すでに他の法人カードを利用している場合は、その法人カードの利用歴もチェックされます。ある程度の金額を継続的に利用していて、返済遅延もなく、1年以上使っていれば、法人カードの審査も通りやすいと言えるでしょう。