法人カードを比較するときは目的ごとに選ぶ

法人カードを比較する場合には、目的ごとに選ぶ法人カードが変わってきます。ここではどういう方にはどういう法人カードがおすすめなのかを解説します。

できるだけ低コストで法人カードを入手したい方

年会費の低さで法人カードを比較すると良いでしょう。一部年会費無料の法人カードも存在します。しかし、注意が必要なのは、個人向けのクレジットカードと違って法人カードの場合、年会費が無料や格安の法人カードの方が審査が厳しい傾向にあります。

審査が不安という方は外資系の年会費が高めの法人カードを選ぶと良いでしょう。

自分自身でしか利用しない方

法人カードを経営者の方自身、個人事業主の方自身でしか使用しない場合は、個人利用の特典の多い法人カードを選ぶと良いでしょう。

空港ラウンジが無料、ポイントが貯まる、キャッシュバックがある、ビジネスラウンジが使える、コンシェルジュデスクがあるなど、個人のニーズに合わせて比較すれば問題ありません。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

資金繰り目的で利用する方

利用限度額で選ぶべきです。利用限度額が一律の制限なしという法人カードを選びましょう。個人さはありますが一般的に300万円~500万円ぐらいの利用が可能です。

従業員のETC利用で使う方

ETCカードの発行が無制限の法人カードを選ぶと良いでしょう。ETCカードであれば無料で何枚でも発行できるJCB法人カードがおすすめです。

従業員に追加カードを持たせたい方

追加カードの年会費の低い法人カードを選びましょう。追加カードの数が増えてしまうと、年会費の費用負担もばかになりません。

起業直後に利用したい方

起業直後だと一般的な法人カードの審査はなかなか通らないことになります。特に年会費無料、年会費格安の法人カードの審査は厳しいと思った方が良いでしょう。起業直後であれば利用するのは経営者本人だけという場合が多いはずですので、審査に通る可能性が高いセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。